リフォーム リフォーム施工事例

新潟市東区松浜 I 様邸

家の外観を美しく保つ外壁リフォーム

建築後20年経ち、外壁材の劣化が目立ち(既存のサイディングの塗膜が劣化し、水を吸い冬場にその水が凍結し膨張。その結果外壁がひび割れ)、雨樋の汚れ・金具の錆、破風板の塗装のはがれなど、外観がだいぶ悪くなり、外部のリフォームをすることになりました。

外壁に関しては、この地域は海が近いため金属サイディングは塩害のおそれがあるため良くないと判断し、 窯業系サイディングで、劣化しにくく汚れが目立たない外壁を選びました。("ニチハ"というメーカーの色あせに強くしなやかな「塗膜10年保証」のハイパーコートというものです)また、外壁下地に遮熱タイベックを使用しました。遮熱住宅はアルミの力を利用して熱をはね返すので屋根や壁に熱を溜め込みません。そのため、日中だけでなく日が落ちてからも、より涼しく快適に過ごせます。

家の外観をいつまでも美しく保ちたいという願いから、雨水で汚れを落とす"ナノ親水マイクロガード"といった性能の外壁材を使用しました。

Before

After

01
01
Before

外壁張替え前:建築後20年経ち、劣化が目立つ外壁。

02
02
After

外壁張替え後:劣化しにくく汚れが目立たない窯業系サイディングを施工。

03
03
Before

外壁張替え前:外壁だけでなく、破風やサッシなどもダメージが目立ちます。

04
04
After

外壁張替え後:綺麗にリフォームされた外観。

05
05
外壁下地

外壁下地:外壁下地に遮熱タイベックを使用。


お問合せ