“ホンマ”の健康住宅の秘訣 ホンマの家の構造

日本伝統の木造在来軸組工法

木造在来軸組み工法

木造在来軸組み工法

ホンマの家は、日本伝統・先人の知恵・技術で培ってきた木造在来軸組みという工法に、現在の最新技術を盛り込こみ、高い強度と耐久性を実現しています。

柱と梁で組み上げていき、筋交い、火打ちなどの材料を適所に配置することで地震力・風圧力に対抗しています。

在来工法は、日本の風土に最も適し、長く引き継がれ発展してきた工法です。日本のように湿度の高いところでは木が湿度を調節してくれるというメリットもあり、住みやすく、身体にも良いという特徴もあります。


土台火打ち 火打ち梁 筋交い

土台火打ち

火打ち梁

筋交い


早い、強い、美しい。木造金物工法

木造金物工法では、接合金物が木材内部に収まり、木造建築物本来の美しさを損ないません
また接合部の断面欠損を最小限にすることで、接合部強度を大幅に向上。洗練された設計で部品数も少なく、従来の木造軸組工法と同様の手順で、より簡単に高精度の施工を行うことができます。

木造金物工法
ホゾ付き構造でずれ落ちにくい

施工性が高く、工期短縮可能。
ホゾ部がずれを防止します。

熟練技術を必要としないシンプルな施工方法なので、
工期の短縮が可能です。梁受け金物はホゾ付きで、
木材が経年変化でやせても横架材がずれ落ちにくい構造になっています。

在来工法の約1.5倍の強さ

接合部強度が在来工法の約1.5倍!

公的機関の強度試験で実証。従来の木造軸組工法の接合部に比べ、
木材の断面欠損が非常に小さくなり約1.5倍の接合部強度を実現。
公的機関による科学的な強度試験で、安全性を実証しています。

建物の耐震性に寄与する

接合部のスリットも目立たない

あらわし構造にも最適な美しい仕上がり。

接合金物は柱や梁の内部に隠れ、金物が収まるスリットも目立たないので、あらわし構造にした時に木材の美しさを存分に生かすことができます。


いつまでも長持ちする丈夫な家

耐震パネルで壁の剛性をさらに上げ、木材の接合部には計算に基づいた耐震金具を使用しています。

壁で支える、長持ちする丈夫な家。

地震や火事に強い安全に暮らせる家に住みたいですよね?
ホンマの家は、柱と強い『壁』を組み合わせることによって、耐震強度をアップさせています。
さらに、寒暖の差が大きく、湿度の高い日本の風土に適応した湿気を上手く外部に放出『壁』にすることで内部結露を防ぎ、長持ちする丈夫な家を実現しています。

壁倍率 2.5 2.9 の耐震パネルで、より丈夫に、より自由に。

壁倍率 2.5 2.9 の耐震パネルで、より丈夫に、より自由に。

壁倍率の数値が高いと、同じ壁面積で耐えうる力が強いことになります。
同じ間取りプランならば、30mm×90mmの片筋かいを使用した建物よりも、地震や台風に余裕を持って備えられます。また、壁倍率の数値が高いことにより、壁の面積を少なくすることが可能になり、窓を広くとるなど間取りプランの自由度が増します。

あらゆる荷重方向に強い耐震パネル

建物には様々な荷重や外力がかかります。そこで、地震や台風時の水平荷重に対して対抗するのは「耐力壁」です。
従来、耐力壁には筋かいが用いられてきましたが、接合部に理からが集中することや引っ張り側の力に対して抵抗力が低下する欠点があります。一方「」はどちらからの力が加わっても歌風を分散させるので安心です。

あらゆる荷重方向に強い耐震パネル

お問合せ