“ホンマ”の健康住宅の秘訣 きれいな室内空気

24時間全熱交換型換気システム

冬暖かく、夏涼しい。省エネルギー快適換気システム

冬の暖かい床下を利用
  • 暖房時は、温かい排気ダクトで床下を暖め、
    なおかつ熱交換器で排気熱を回収して床下に給気。
  • 熱交換器で排気から湿気を回収し、これで給気を加湿する。
    冬の過乾燥防止に有効。
  • 地中熱と排気熱で暖められる基礎コンクリートの効果で、
    床下温度は安定し、健康で快適な室内環境に。
夏の涼しい床下を利用
  • 冷房時は冷えた排気ダクトで床下を冷やし、
    なおかつ熱交換器で給気熱を冷やして床下に給気。
  • 熱交換器で外給気の湿気を回収して屋外に排気。
    除湿された外給気が床下に給気。
  • 地熱と排気熱で冷やされた基礎コンクリートの効果で
    床下温度は安定し、健康で快適な室内環境に。
24時間全熱交換型換気システム
高性能花粉フィルター

『高性能花粉フィルター』が
花粉除去効果と通気性を両立

花粉除去率99.8%!!

24時間全熱交換型換気システムは、高性能花粉フィルターで花粉を99.8%除去してから、室内に新鮮な空気を入れます。
また、ダニやホコリなどのアレルゲン物質は足元の高さ30cmにほとんどが集まるといわれていますが、それらを、床面に設置された室内排気口から、確実に除去します。

換気システム+地中熱の特長

1. 床下断熱材・従来型24時間換気システムが不要

外気の湿度に左右されないよう床下を機密にし基礎の内断熱工事をすることにより、夏は冷たく、冬は暖かい床下地中熱を利用しながら「24時間全熱交換換気システム」で熱交換しているため、床下の温度は無駄が無く快適でフロアー下の断熱材は不要です。「24時間全熱交換換気システム」は、第1種24時間換気システムなので従来型24時間換気システムの設置は不要です。

2. 高い熱交換性能

熱交換率80%を実現する、高い熱交換性能。

3. 高い静音性

床下に設置するため、構造躯体や室内に音・振動が伝わらないので静音性が高い。

4. メンテナンスが容易

屋外給気フィルターの交換は腰の高さ、室内フィルターは床面なので、メンテナンスが容易です。
両フィルターとも水洗いで再利用できます。

5. 月額400~800円程度でOK。家計にやさしいランニングコスト。

システム本体に内蔵された2台のファンを稼働させても、1ヶ月間の消費電力は800円程度なので、家計にやさしい省エネです。

6. 断熱性能が良いと、エアコンの設置台数を減らせます。

夏のじめじめした暑い外気を「24時間全熱交換換気システム」で熱交換・湿度交換させ、床下地中熱にてヒンヤリとした空気を室内(LDK)へ取り込みます。機密・断熱性能が高い住宅ならば、エアコンの設置台数を減らしたり、畳数の小さい機器に変更できる場合もあります。

7. 年間の冷暖房費が安くなる

エアコンの設置台数が少なければ光熱費も軽減できます。また、断熱性能や気密性能が上がってくると、家全体に計画通り空気が流れるため、エアコンの省エネ運転が行えます。
※家の断熱性能や気密性能、日射取得に影響を受けます。

8. 家中の温度差を無くし、生活空間全体を暖かく

冬の乾燥し冷えた外気を床下の「24時間全熱交換換気システム」で熱交換・加湿させ、床下地中熱で保温された空気を室内(LDK)へ取り込み、LDKの暖房器で温めると空気の流れで全館に暖かい空気が行き渡り、快適な暖かさとなります。トイレ・洗面脱衣所までも暖かい空気が吸い込まれて冷えにくくなるため、冬場に潜む危険「ヒートショック」の防止対策に十分な性能を発揮します。また、床下が室内に近い環境になり底冷えしないので、床暖房なしでも快適に過ごせます。

9. 花粉症・アレルギー疾患の方も快適

高性能花粉フィルターは、フィルター面積が大きく、クリーンな空気を取りこむため、花粉・ほこり除去対策も万全です。花粉除去率99.8%、ダスト除去率95.0%の性能で、花粉症・アレルギー疾患の方も快適に過ごせます。

10. カビ・ダニが生息しにくい

「24時間全熱交換換気システム」で除湿させ、室内のカビ・ダニが生息しにくい湿度に保ちます。

11. 窓枠・テーブル・カウンターにほこりがたまりにくい

「およそ10時間ぐらいでフロアーに落ちるハウスダストが、空気の流れで室内排気口のフィルターで除去されます。その結果、窓枠・テーブル・カウンターにほこりがたまりにくくなります。


お問合せ