“ホンマ”の健康住宅の秘訣 優れた断熱性能

外張り断熱工法

高断熱

高断熱

建物をすっぽり高性能断熱材でつつむ外貼り断熱工法。
断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、
安定した高い断熱性・気密性が実現できます。

外張り断熱工法

高耐久

柱・梁をすっぽり断熱材でつつむため、構造躯体部分での温度差が小さく結露もきわめて起きにくくなります。
また、柱・梁等の木材が直接空気に触れることで、木材の呼吸が促進され、耐久性の向上性に寄与します。

高耐久
空間利用

空間利用

従来の充填断熱で断熱材を入れいてた部分を
棚や収納として活用できます。
また、小屋裏空間も隅々まで利用可能です。


発泡ウレタン吹付工法

発泡ウレタン吹付工法

木造住宅の結露防止や冷暖房効果を高め、
省エネルギーを実現する吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材です。
現場吹付施工のため、隙間なく気密と高い断熱性能を発揮します。
断熱工事と気密工事の同時施工が可能となり
工期・工費共節約できます。

快適・省エネ

  • 高気密:現場で吹付施工のため、隙間のない機密住宅を実現します。
  • 断熱性:高い断熱性で冷暖房効率をアップ。省エネ効果があります。
  • 吸音性:吸音性があり、静かで快適な住宅を実現します。

安心・安全

  • 結露防止:結露を防いでいやな湿気やダニ、カビの発生を抑えます。
  • シックハウス:シックハウスの原因物質であるホルムアルデヒド等、室内汚染物質を含みません。
  • 環境に優しい:オゾン層を破壊したり温室効果のあるフロンガスを含まないノンフロン断熱材です。
    冷暖房エネルギー低減によりCO2排出量を抑制し、温暖化防止に貢献します。

施工性の良さ

  • 吹付け工法:対象物と自己接着することにより剥離や脱落を防ぎ、構造を問わず下地に沿った断熱層を形成します。
  • 工期短縮:断熱工事と機密工事の同時施工が可能になります(施工は約1~2日)

最高クラスの高性能樹脂サッシ、ガス入りLow-Eトリプルガラス

住まいの断熱化は開口部から。

住まいの断熱化は開口部から。

玄関ドアや窓からは、屋根や壁を上回るたくさんの熱が出入りしています。
その為、快適な住まいづくりには開口部の断熱化が不可欠。玄関ドア・窓の断熱化・気密化は快適な家を実現するための大切な要素です。

断熱性の高い、ガス入りLow-Eガラス

高い断熱性が、外気温・太陽光線などの影響を軽減。「冬暖かく」、「夏涼しい」理想の環境をご提供します。

断熱性の高い、ガス入りLow-Eガラス

外気温の影響を受けにくく、結露の発生を抑えます。

高寒い冬場など気温が低い場合、アルミサッシ(左)は外気の影響で冷たくなりますが、
樹脂窓(右)は表面温度の差が少ないため室内の温度を保っています。
また、結露の発生もほとんどなく、床が濡れてホコリがこびりつくこともありません。

外気温の影響を受けにくく、結露の発生を抑えます。

お問合せ