住宅ギャラリー 新築施工ギャラリー

新潟市東区石山 A様邸 旧家の純和風住宅の「格」を引き上げる建替え

01
01
外観

外観:盆と正月には親戚が集まるという、ご家族・ご親族にとっては故郷の対象となるお宅ですので風格と趣のあるデザインにいたしました。

02
02
玄関

玄関:玄関はそのお宅の顔ですし、和風の風合いを出したかったので杉磨き丸桁・丸柱・垂木、銅板葺のポーチ屋根、床は御影石貼りにしました。

03
03
縁側外

縁側外:気候の良い日は縁側でのんびりと日向ぼっこ。お庭を眺めながら、温かい日差しの中でゆっくりとした時間を。

04
04
LDK

LDK:27帖のLDKはガス温水床暖房を使用。リビングの壁には塗り壁材(自然素材の薩摩中霧島壁)を使用しています。調湿効果があり、湿気を吸放出してくれるのでカビ、結露の心配がありません。

05
05
LDK

LDK:腰板にはスプルス、天井には赤松の無垢の羽目板を使用しています。床材はがズ温水床暖房が入っており足元から部屋全体を暖めます。

06
06
玄関・ホール

玄関・ホール:ご家族やお客様を迎える大きな玄関。廊下正面はガラスにして明るさと緑が映える様にしています。また、玄関横にはコート掛け収納も設置。

07
07
玄関・ホール

玄関・ホール:玄関正面・茶の間の隅柱は杉8.0寸角を使用。

08
08
玄関・ホール

玄関・ホール:玄関天井には格天井を用い、周りは杉矢羽天井板、床は御影石貼り。

09
09
玄関・ホール

玄関・ホール:飾り棚板は欅無垢板、飾り棚床柱は美しい木肌を表現。廊下突き当りに坪庭を配置しました。

10
10
坪庭

坪庭:白玉と緑の調和が美しい空間です。玄関からも眺められます。

11
11
茶の間・座敷

茶の間・座敷:茶の間10帖、座敷6帖の杉芯去り役柱は4.5寸角。茶の間床柱は一位6寸角。座敷床柱は紫檀6寸角。

12
12
茶の間・座敷

茶の間・座敷:天井は杉杢天井吹き寄せ竿縁貼りで、天井高は3m。建具は杉材使用で障子紙はワーロンを使い張替などは必要ありません。

13
13
キッチン

キッチン:対面式のオープンキッチンで、明るく開放的なLDKに。奥様がお料理中でもご家族との会話が弾みます。壁面いっぱいの収納棚設置で、なるべく物を表に出さなくてすむようにしています。

14
14
裏廊下~水廻り

裏廊下~水廻り:水廻りの入り口には格子戸を入れ、ほかのスペースと区分しました。

15
15
洗面所

洗面所:水廻りスペースに入ると、収納たっぷりの大きな洗面化粧台があり、洗面台の上に大きな窓からの採光をとり明るく清潔感のある洗面所にしています。

16
16
トイレ

トイレ:トイレの床・巾木は、御影石貼り、腰壁には桧の羽目板で和風のイメージ。

17
17
脱衣所

脱衣所:2.5帖の脱衣所。洗濯物を脱衣所からつながっているサンルームに直接干せます。

18
18
寝室

寝室:おばあちゃんの6帖の寝室です。部屋を出ると、隣にすぐトイレを配置。

19
19
トイレ

トイレ:おばあちゃんの寝室の隣のトイレには、幅広の手摺りを設置。

20
20
寝室

寝室:お母さんの寝室6帖です。

21
21
2F廊下

2F廊下:廊下幅をゆったりととり、北から南への風の通りは最高です。

22
22
洋室10帖①

洋室10帖①:南側バルコニーに通じる大きな窓と、西側の壁に窓を設置。2面採光で明るい空間づくり。赤松羽目板の腰壁でお洒落な洋室に仕上げました。

23
23
洋室10帖①

洋室10帖①・クローゼット:収納力たっぷりのウォークインクローゼット、2.5帖。湿気対策に小さな換気窓を設置。衣類、小物、大きなものと、それぞれを別けて収納できるように棚を造作。

24
24
洋室10帖②

洋室10帖②:南側と東側に大きな窓を設置した10帖の洋室。

25
25
洋室10帖②

洋室10帖②・クローゼット:収納力たっぷりのウォークインクローゼット、3帖。湿気対策に小さな換気窓を設置。

26
26
バルコニー

バルコニー:3.8帖の広いバルコニー。ここからは、A様邸の庭を一望でき、椅子とテーブルを出して午後のティータイムも楽しめます。


旧家の純和風住宅の「格」を
引き上げる建替え

A 邸は先祖代々続いている旧家で、建て替え前の家は純和風の農家造りでした。盆と正月には親戚が集まるという、ご家族にとっては故郷の象徴となるお宅です。

庭の位置の関係で、玄関の位置、茶の間・座敷・縁側などの位置は出来るだけ今までと同じ位置に配し、また裏に既存住宅が一部残るため、その間での計画となりました。

家の顔でもある玄関は、旧家の重みも感じさせる和風の風合いを出したかったので、杉磨き丸桁・丸柱・垂木、銅版葺きのポーチ屋根、床は御影石張りにしました。
玄関内部に入ると、杉8寸格の大黒柱、飾り棚(欅)、変木等を使用し、一層建物の格を引き上げお客様をお出迎えしています。

外壁は、いつも美しく汚れをセルフクリーニングする壁材(光セラ)。屋根は三州銀箔瓦。
建物本体は、地盤改良を行い、柱状改良2.25mを74本行い基礎はベタ基礎で、地盤沈下の心配のない安全な作りに。
建物外周部にケナボードSという耐震パネルを貼り耐震性能をUPさせて強度を上げています。

断熱は高気密高断熱仕様に加え、アルミサッシにアルミ樹脂複合サッシ+Low-eガラスを使用しているので、四季を通じて心地よい室内環境でお過ごしいただけます。

ご提案、アドバイスなども含めて、今回お客様には大変ご満足いただけたことを嬉しく感じております。

平面図

お問合せ