住宅ギャラリー 新築施工ギャラリー

新潟市南区高井興野 K様邸 断熱と暖房にこだわった冬でも暖かい家

01
01
基礎工事・地盤改良

基礎工事・地盤改良:柱状改良500φ7.75mを79本施工の上、ベタ基礎の仕様です。地盤沈下の心配なし!

02
02
上棟時

上棟時:8月の猛暑の中の建て方でした!

03
03
耐震パネル施工

耐震パネル施工:外側に耐震パネル12㎜を施工し耐震性能をUP。

04
04
外断熱施工

外断熱施工:ネオマフォームを屋根80㎜、壁・基礎35㎜を使用しました。

05
05
上棟式

上棟式:祝詞を上げさせて頂きました。たしか高校野球で文理高校が準優勝した日でしたね。

06
06
玄関ホール

玄関ホール:玄関正面に飾り棚を配置し、その下に蓄熱暖房機を設置。

07
07
玄関ホール

玄関ホール:玄関上は吹抜けで、南側から燦々と太陽の光が差し込み明るい空間になっています。2Fの廊下の壁にも開口を開け光を回り込みやすくし、全体として軽く爽やかなイメージに仕上げています。天井には赤松羽目板、腰板・玄関収納はパインの無垢材を使用しています。

08
08
吹抜け天井

吹抜け天井:上部の格子窓からの太陽の光が、室内に美しいコントラストを描いています。

09
09
スリッパ収納

スリッパ収納:玄関ホールの飾り棚脇の少しのスペースを利用して、スリッパ入れを造りました。

10
10
LDK

LDK:リビングの床はヒートポンプ式の床暖房、腰壁には無垢板を使用。また、腰上壁には自然素材100%の薩摩中霧島壁を使用しているので、カビや結露の心配もなく消臭効果も高いです。

11
11
LDK+畳コーナー

LDK+畳コーナー:リビングの脇には、小上がりの畳コーナーをプランニング。小上がりには、引き出し収納を付け、スペースを有効利用しています。

12
12
LDK

LDK:天井は無垢赤松の羽目板を使用。

13
13
畳コーナー

畳コーナー:畳の空間はやはり落ち着きますね。小さな床の間も設置し、本格的な和のスペースにしました。お施主様に「お気に入りの空間だ」といっていただきました。

14
14
暖房施工

床暖房施工:空気の熱を利用してランニングコストの低いヒートポンプ式の床暖房が画像のように入っています。

15
15
キッチン

キッチン:キッチンは収納たっぷりで評価の高いクリナップのクリンレディと、セットの収納棚を設置。

16
16
キッチン脇の食品庫

キッチン脇の食品庫:この納戸には、あえて断熱を施さず、野菜・その他あまり温めたくないものなどの収納に最適に設計しています。

17
17
洗面脱衣所

洗面脱衣所:2.5帖の洗面脱衣室で、こことサンルームがつながっており、脱衣→洗濯→洗濯物を干すという一連の作業が容易にできます。

18
18
サンルーム

サンルーム:電動で昇降する「ホシ姫サマ」を設置、背伸びしなくても洗濯物の干し外しが宅に出来るようになっています。

19
19
1Fトイレ

1Fトイレ:パナソニック 全自動おそうじトイレ アラウーノを設置。

20
20
縁側

縁側:暖かい日差しが差し込む縁側。気持ちが良いので、お庭を眺めながら、ついうとうととしてしまうことも。

21
21
8帖茶の間

8帖茶の間:2間続きの日本間です。茶の間床柱には紫檀6寸角、座敷は一位の6寸角、杉の役柱、長押、廻縁、竿吹き寄せ天井、神棚、ランマ、床の間、仏間での構成。古き時代から受け継がれている空間はとても美しいですね。

22
22
6帖座敷・床の間

6帖座敷・床の間・仏間:仏間にはガラス扉を設置し、また、家紋も入れました。

23
23
6帖座敷・床の間

6帖座敷・床の間・仏間:こちらの暖房は灯油を使っての温水ルームヒータを使用しました。急な来客でもすぐにマイルドな温風でお部屋を温めることが出来ます。

24
24
2F洋室B

2F洋室B:ベランダ側と西側に窓を設置し2面採光を取りました。部屋全体が素早く温まりやすい蓄熱暖房を出窓下に設置してあります。

25
25
クローゼットB

クローゼットB:収納力たっぷりのウォークインクローゼット。衣類の他、大小のものを収納しやすいように棚を造作してあります。

26
26
2F洋室A

2F洋室A:こちらの部屋は雰囲気を変え、壁仕上げは木目柄のピーリングを使用。

27
27
2Fホール

2Fホール:玄関に設置してある蓄熱暖房機から吹抜けを通して暖気が上がり、また、太陽光の光も溢れ、2Fホールはいつもぽかぽかな空間です。


断熱と暖房にこだわった冬でも暖かい家

K 邸の敷地は、中ノ口川の堤防のすぐ脇にあり、堤防改修工事の関係で住宅の新築をすることになりました。

計画にあたって、最優先課題だったのは、奥様がとても寒がりなので、冬でも家全体が暖かく、家の中の温度差をなくしたいということでした。それには、地域柄・風習もあり使用することは少ないのですが、2間続きの茶の間と座敷と縁側の暖房・断熱をどうするかが課題となりました。

まず断熱方法に関しては、当社おすすめの外張り断熱工法で家をすっぽり断熱材でくるんでしまうという方法で、断熱性能のランクでも最上位のネオマフォームを屋根80㎜、壁・基礎35㎜を使用しました。
暖房方法は常時使う部分、LDKでヒートポンプ床暖房を使用、廊下・2F寝室には蓄熱式暖房を用いました。
深夜電力を蓄熱して使用する暖房と、空気の熱を利用してランニングコストの低いヒートポンプ式の床暖房の組み合わせにすれば光熱費も削減できます。

完成後に何度かお伺い致しましたが、玄関を明けると、もうそこは別世界のように暖かく!、
冬も薄着で生活できるということで、大変喜んで頂けました。

平面図

お問合せ